沿 革corporate history
昭和 5年 3月 創業者(故)宮部源一が個人企業として工作機械5台を設備し
宮部鉄工所を興して、鋳鉄製弁類の製造を始める。
昭和 18年 7月 工場建物120坪・工作機械24台の設備を現在の彦根市京町に設置し、鋳鉄製弁類の製造を拡大する。
昭和 26年 4月 株式会社に組織変更し、資本金100万円にて宮部鉄工株式会社となる。
以後、随時増資。
昭和 36年 4月 (公社)日本水道協会検査工場となる。(第R-49号)
昭和 37年 5月 日本工業規格表示認定工場の許可を得る。
昭和 38年 4月 彦根市東沼波町に新しく本社・工場を移転する。
昭和 43年 11月 日本工業規格表示認定を旧工場より現在の本社工場に変更し、認可を受ける。
昭和 56年 6月 急速空気弁の規格化に伴い、多量排気試験装置を設置する。
平成 9年 11月 本社事務所を新築する。
平成 12年 5月 ISO9001:1994 認証取得(認証機関PJR)
平成 14年 5月 現代表取締役就任
平成 15年 5月 ISO9001:2000 更新
平成 21年 5月 ISO9001:2008 更新
平成 25年 3月 横型マシニングセンター(U軸機能付)を導入。
平成 27年 3月 大阪中小企業投資育成株式会社からの出資を受け資本金1950万円に増資。
平成 27年 12月 NC旋盤(ミーリング機能付)を導入。
平成 29年 2月 横型マシニングセンター(500×500)を導入。
平成 29年 3月 ISO9001:2015 更新

 

TOPへ