2017年1月9日 / 社長ブログ

社長の濵口です。   明けましておめでとうございます。 皆々様におかれましては楽しいお正月をお過ごしになったことと存じます。 本年もよろしくお願い申し上げます。   とは言うものの、子どもの頃と較べるとお正月の特別感というのは、年齢を重ねるたびに薄れてきたように感じます。そういえば、クリスマスも誕生日も結婚記念日も同じようなものです。お年玉やプレゼントを「もらう側」から「あげる側」になったというのも原因のひとつかも知れませんが、それだけではなさそうです。色んな節目も記念日も、何十回も迎えていると「超ハッピー!」な年もあれば、そうでもない年、最悪だった年もあったりします。そういう経験が月日の中で均されていくのですかね? そんなことを考えながら休日の夕方にぼんやりとTVのニュース番組を見ていたら『今年は休みが4日減る!』という特集を放映してました。曰く、今年は、建国記念の日(2/11)・昭和の日(4/29)・秋分の日(9/23)・天皇誕生日(12/23)がすべて土曜日にあたるので振替休日の3連休にならないというものでした。最初は「ふ~ん、そうなんや」って感じでしたが、だんだん「???」妙な感覚になりました。これを企画した制作者は一体誰に向けて発信してるんだろう?日曜祝日に働く人を見たことがないのかな?もしかすると小学校に通う子どもが作った企画なのかも?という疑問が沸き上がってきました。ただ、こういう私も週休二日制に慣れてしまい、たまの土曜出勤が辛く感じたりもするのですが・・。昔に比べるとずいぶん休日が増えて働きやすくなったのはいいことですが、私たちのような中小の製造業にとっては、大企業に比して絶対的な生産効率で劣るゆえ、休日がこれ以上増えすぎるのも考えものです。一応、番組では2連休と3連休の行楽地での経済効果にも触れていましたが、都会のサラリーマン視点(しかもレベルは高くない)しか感じませんでした。番組の後半では数人の街角インタビューがありました。小学生が「勉強はストレスがたまるから休みにしてほしい!」と叫んでいたのは苦笑いでしたが、40~50歳くらいのいい年をした男性が「休むために働くのだから法律を変えて3連休にしてもらいたい」と真顔で得意げに話すのを見たとき、「ああ、たぶんこの人は職場で期待されてないんやろなあ」などと考えてしまいました。だって逆でしょう?働き続けるために休むんでしょ?! 皆様の一年のご多幸をお祈りします。   dsc_0251
2016年11月23日 / 社長ブログ

社長の濵口です。

個人的なことですが、趣味を尋ねられた場合、ここ10年ばかりは「ゴルフ・読書」と回答することになっています。

もちろん嘘ではありませんが、その内容はとても自慢できるレベルではありません。

読書は娯楽小説的なものがほとんどですし、ゴルフも100前後を行ったり来たりが何年も続いています。(でもそのくらいが最も楽しい時期だそうです!)

で、そのゴルフですが、気が向けば練習場にも行きますが、元来根気がない性格ゆえ、熱心には続きません(哀)それでも続けてラウンドしてると比較的好調が続くこともあって、「1年後には80台か?」と妙な自信がついたり・・

ところが!ある日突然すべてのショットが、まるでゴルフを始めたばかりのときのように乱れてしまうことがあります。昨日まで何も考えなくともまっすぐ飛んでいたドライバーも、芯に当たっていたアイアンも、「センスあるかも?」と思っていたアプローチも、嘘のように、右へ左へ、引っ掛けたりシャンクしたり、距離感ゼロになったりで、スコアも当然グダグダです(落)・・・「ゴルフあるある」ですね。

最近、心に残った言葉で「正射必中」というのがあります。「弓道」の言葉で、実はとても深い意味があるそうですが、ごく簡単に言うと「邪念なく、作法に忠実に正しく射れば、矢は必ず的に当たる」「矢は当てるのではなく、当たるのだ」という感じみたいです。

仕事をする上で、意図しない不具合・クレームの発生は付き物です。その原因の大半は、思い違い、確認不足、未習熟(出来てるつもりで出来てない)、大事な手順を端折ってしまった・・などでしょうか?どんな職場・工場でも、すべての人が役割をしっかりこなし、少しの気遣いが出来れば不具合なんて出ない、そういう仕組みを持っているはずです。ゴルフ同様、ミスの出ないノウハウとフォームを身につけ、「正射必中」「不具合って出る方が不思議だね?」そんな安心・安全なものづくりに向けて、今後も精進していきます。

 

dsc_0203

2016年10月12日 / 社長ブログ

社長の濵口です。 今年は、台風上陸の当たり年のようで、大雨が多く日照時間も少ない8月9月でしたね。被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。「天高く馬肥ゆる秋」の訪れが待ち遠しい今日この頃です。 この度ホームページの一新を機に、ブログを開設することになりました。どうぞよろしくお願いします。  さて、「無事是名馬」ということばがありますが、私たちの水道用バルブの世界もあてはまるかも知れません。我々の作るバルブのほとんどは、人目につかない地下や、橋梁の下、立ち入り禁止の施設の中などにあり、一部を除けば普段定期的な点検もされないものも少なくありません。しかし、ひとたび何かの事故、災害、トラブルがあったとき、いの一番に操作されたり、確認されたり、あるいはトラブルの原因として疑われる存在です。しかも、10年や20年、もしくはそれ以上の期間、問題なく正常に機能することを前提に設置されます。バルブは単なる圧力容器ではなく、機械的な駆動や機能を伴う「装置」なのですが、風雨や浸水にさらされたりと、まあまあ過酷な状況に置かれることが多いことを考えると、「健気だなぁ」と思ってしまいます。まれに水道管の更新などで数十年の役目を終えたバルブが撤去されているのを見ると、おそらく父親たちの世代の方が汗水流して作ったことを想像して涙が・・(?)  ともあれ、そのような製品なので製造工程や検査にはやや過剰なスペックもありますが、最近は時代も反映して、コスト低減の取り組みも必要不可欠になっています。品質・耐久性とコストという相反する困難な課題の追求はこれからも続きますが、一度納入したら「音沙汰なし」でも有事には「役に立つ」“名馬”を作り育てていきたいものです。 
価格表ダウンロード営業日カレンダーダウンロード 採用情報 社長ブログ ISO
価格表ダウンロード営業日カレンダーダウンロード
TOPへ